ブログ

[記事公開日]2016/12/13
[最終更新日]2018/04/13

マイクロスコープ(顕微鏡)は、虫眼鏡?!

少し間をあけてしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
11月に雪が降った時は、さすがに驚きましたね。最近は、冬なのに暖かい日が続いています。でも、日が短いのはやっぱり寂しいです。せめて、18時頃までは明るければ、なんだか気持ちも落ち着きます。

さて、今回のブログでは、歯内療法*1で活躍しているマイクロスコープ(顕微鏡)は、小さなところをどのくらい拡大して見えるのか?を実証します。
千円札で試してみましょう。

マイクロスコープ(顕微鏡)で拡大

 赤で囲ったところをマイクロスコープで拡大してみると、画像が悪いところもありますが、NIPPON GINKOと、印刷されています。マイクロスコープは、虫眼鏡のように、肉眼ではわからないところを明確にしてくれるので、歯内療法を行う際に、歯の内部のような小さい世界をハッキリ、くっきり見せてくれる便利なツールです。

では、なぜ歯内療法マイクロスコープを使うのか?なぜ、歯の中をよく見ないといけないのか?
歯内療法を行う上で、とても大切な基本コンセプトをより確実に、より安全に厳守するために、マイクロスコープを使います。基本コンセプトとは、歯内療法の目的である根尖性歯周炎の予防と治療をまっとうするものです。根尖性歯周炎の原因である細菌1)を除去することで、歯内療法を成功に導きます。基本コンセプトとは、『無菌的処置』と『解剖形態の維持』です。
『無菌的処置』では、肉眼では不鮮明な汚染された歯質を除去します。マイクロスコープで歯の内部を詳しく観察することで、より確実により安全に悪いところを取り除くことができます。その結果、解剖形態を維持することにもつながるのです。
とりわけ、外科的歯内療法では、マイクロスコープと超音波チップ、MTA*2を用いることで、成功率が上昇しました2)

マイクロスコープ

ただし、マイクロスコープの拡大率が高ければ高いほど、何でもかんでもよく見えるわけではありません。拡大率が高すぎると、患者さんが呼吸をするだけで、術野が視野の外に出てしまいます2)
歯内療法の目的を達成するために、基本コンセプトを厳守しながら、細菌を除去します。そこで大事なのは、視野の確保をすることです。その結果、マイクロスコープが大活躍してくれます。

*1: 歯内療法には、保存的な治療と外科的な治療があります。前者は、生活歯髄療法根管治療があり、後者は、歯根端切除術と意図的再植術があります。外科的な治療法については、今後詳しくブログでお話ししていく予定です。
*2: MTAとは、非常に封鎖性の良い材料です。後々、ブログでも触れていく予定です。

1) Kakehashi, S., H. R. Stanley, and R. J. Fitzgerald. “The effects of surgical exposures of dental pulps in germ-free and conventional laboratory rats.” Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology 20.3 (1965): 340-349.
2) Kim, Syngcuk, and Samuel Kratchman. “Modern endodontic surgery concepts and practice: a review.” Journal of endodontics 32.7 (2006): 601-623.


カテゴリー:根管治療, マイクロスコープ タグ:

患者様へのアンケートを実施しました

虫歯や炎症でお悩みの方、過去に治療した部分が再発してしまった方にとって、治療が思うように進まないことはとてもつらいことだと思います。

当院ではそうしたお悩みを解消すべく、患者様の声を聞かせていただくアンケートを実施し、治療の質を高めています。

治療後の方の率直なご感想を聞かせていただいたアンケートはこちらからどうぞ。

患者様アンケート

ぜひ「いいね」ボタンを押して、ブログの最新記事もチェックしてください。

記事検索

最新の投稿

おすすめの記事

根管治療の基本を知る

基本コンセプト

歯根の先に膿(根尖性歯周炎)を作らない、そして治すための、基本コンセプトって何?

ラバーダム

根管治療のキーポイント!ラバーダム防湿を根の治療中に行う理由

根管治療の気になる疑問

根管治療の回数と期間

根管治療の回数と期間、どんな症例でどのくらいかかる?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療の治療ケースから学ぶ

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?パート1(歯内歯周病変について)

ページトップへ