ブログ

[記事公開日]2016/08/27
[最終更新日]2018/04/13

ラバーダムのこと、患者さんはどう思ってる?

暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回のテーマは、ラバーダムについてです。
根管治療をする上で、決して欠かせないラバーダムです。

なぜ、ラバーダムをしないといけないのか、については、このブログを読んでいただけるとわかると思います。
ところで、今回のラバーダムのテーマは、実際施されている患者さんは、一体全体どんな気持ちなのか、についてフォーカスを当てていきます。

ラバーダム

左の写真はラバーダムです。パッと見た印象は、なんとなく息苦しそう、とか、
どのくらい口を開けていればいいのだろうか?

途中で休憩あるいはうがいはできるのだろうか?
等々いろんな想像が、頭の中でぐるぐる回りそうです。

2年前にももこ歯科で行ったアンケートの結果ラバーダムを当院で初めて経験した患者さんは、全体の80%でした。
このように、歯科医院に通院したことがある日本国民はほぼ全員であるはずなのに、ラバーダム未経験者は非常に多いのです。

Stewardsonら(2002)*の報告によると、ラバーダムを装着する時間がかからなかった人の方が、時間がかかった人よりも心証が良く、次の治療の時もやってほしい、と思ってる人が多い。
また、ラバーダムをしながらの治療が45分より短いと、ラバーダムをして良かった、と思う患者さんが多いようです。
(ただし、治療時間が短かろうが長かろうが、ラバーダムをして良かったと思う人数の統計学的有意差はなかったようです)

ここからは、私の個人的な意見ですが、ラバーダムを嫌がる患者さんはほぼいないと思います。
ラバーダムが嫌いというよりも、長い時間口を開けっ放しであることの方が辛いのです。
当院では、根管治療の時間を1時間〜1時間半頂戴しています。
30分だと、麻酔をしてラバーダム装着後、仮封を取り、・・・・とすぐ終わってしまい、次のステップが中途半端になってしまう可能性が高いです。
1回の治療時間を短く、通院回数は少なく、と配慮します。

キレイな夕焼け1

キレイな夕焼け2

まったく関係ない話ですが、先日海辺のレストランで食事をしていたら、とってもキレイな夕焼けを見て、ホッとしたことがありました。
患者さんが、いつでもこんな気持ちになっていただけるような医療ができたら、と思いました。
今後も努力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

* Stewardson, D. A., and E. S. McHugh. “Patients’ attitudes to rubber dam.” International Endodontic Journal 35.10 (2002): 812-819.


カテゴリー:根管治療, ラバーダム タグ:, , , ,

患者様へのアンケートを実施しました

虫歯や炎症でお悩みの方、過去に治療した部分が再発してしまった方にとって、治療が思うように進まないことはとてもつらいことだと思います。

当院ではそうしたお悩みを解消すべく、患者様の声を聞かせていただくアンケートを実施し、治療の質を高めています。

治療後の方の率直なご感想を聞かせていただいたアンケートはこちらからどうぞ。

患者様アンケート

ぜひ「いいね」ボタンを押して、ブログの最新記事もチェックしてください。

記事検索

最新の投稿

おすすめの記事

根管治療の基本を知る

基本コンセプト

歯根の先に膿(根尖性歯周炎)を作らない、そして治すための、基本コンセプトって何?

ラバーダム

根管治療のキーポイント!ラバーダム防湿を根の治療中に行う理由

根管治療の気になる疑問

根管治療の回数と期間

根管治療の回数と期間、どんな症例でどのくらいかかる?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療の治療ケースから学ぶ

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?パート1(歯内歯周病変について)

ページトップへ