予防歯科

予防歯科

予防歯科について

予防歯科

一生自分の歯を保つのはなかなか難しいことです。多くの方が、年齢とともに徐々に歯を失い、苦労されています。

しかし、定期的に検診を受け、歯周病の原因となる歯石や着色を落とす(だいたい半年に一回くらいが目安と言われています)ことが歯の長持ちにつながるのです。

もちろん、虫歯を早期に発見して、小さいうちに治すことも大事です。

当院では、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するだけではなく、健康な状態を維持する事が最も重要であると考えております。

口腔内のチェックや虫歯、歯周病の検査と定期清掃を行うことはもちろん、歯磨きや食生活の指導、禁煙支援、かみ合わせの調整なども行っております。

口腔環境を健康に保つために

口腔環境を健康に保つために

ホームケアとプロケアを両立する

虫歯や歯周病の原因であるプラーク(細菌の塊)は、歯の表面に「バイオフィルム」という膜をつくります。このバイオフィルムはセルフケア(ホームケア)だけではなかなか除去できません。

そんなバイオフィルムを破壊するには、歯科クリニックで行うプロフェッショナルケア(プロケア)も必要になってきます。

特に歯周ポケット内部にできるバイオフィルムは歯ぐきに遮られてしまうので、プロの手でなくては除去できません。

お口を健康に保つためには、ご家庭でのホームケアと歯科医院で行うプロケアと両立させることが必要です。

定期検診を受ける

通常、歯の治療が終われば、元の健康な口腔環境に回復します。その後は、その状態をより長く維持していきたいものです。

そのためには定期検診がとても重要になってきます。日本では歯科医院に定期検診で行くという習慣がまだ浸透していないように感じますが、予防歯科先進国のスウェーデンでは、国民の9割が定期検診を受けていると言われています。

その結果、70歳の平均残存歯数が20本というデータが出ています。

口腔環境を健康に保つには、患者様の意識がとても重要です。大切なご自分の歯を一生涯残していくために、一緒にケアしていきましょう。

定期検診

定期健診を受けることの大切さ

すでにおわかりのように、定期検診を受けていれば、それだけ自身の歯を長く保つことができるのです。痛い思いをすることもなく、歯へのダメージもないため、寿命を縮ませる心配もありません。

たとえ小さな虫歯が見つかったとしても、早期に治療することが可能となります。

例えば車で考えてみましょう。

壊れてから直すとなると出費も重みますが、半年ごとのオイル交換などメンテナンスをしっかりと行っていれば寿命を伸ばすことができます。歯も同様です。

一生、ご自身の歯で食事を楽しんでいただけるよう私達と頑張りましょう。

ページトップへ