ブログ

[記事公開日]2017/03/24
[最終更新日]2017/03/24

ももこ歯科スタッフの努力している姿

いつも、ももこ歯科のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。
今日のブログは、ももこ歯科のスタッフは、大変努力家です、というお話です。

苦手を克服したり、できるようになるために、一生懸命練習している姿をお披露目します。
まずは、口腔内写真の練習風景です。

 

練習風景1

練習風景2

 

模型を使ったり、同僚にモデルになってもらったり、お互いに協力しながら、口腔内写真撮影の練習をしています。

次に、MTAを練る練習です。
歯内療法でよく使われるMTAという材料は、とても使いにくいので、練習が必要です。

練習風景3

ただし、先生方はよくご存知だと思いますが、MTAはとても高価な材料ですから、練習とはいえ、大量に使うと大変なことになります。
そこで、当院ではMTAのようなものを使って、練る練習をしています。

この練習のおかげで、とても上手に練ってくれるので、今は本当に助かっています。

ももこ歯科のスタッフは、患者さん思いの素晴らしい人たちです。
これからも、当院のスタッフをよろしくお願いします。


カテゴリー:スタッフ奮闘記

患者様へのアンケートを実施しました

虫歯や炎症でお悩みの方、過去に治療した部分が再発してしまった方にとって、治療が思うように進まないことはとてもつらいことだと思います。

当院ではそうしたお悩みを解消すべく、患者様の声を聞かせていただくアンケートを実施し、治療の質を高めています。

治療後の方の率直なご感想を聞かせていただいたアンケートはこちらからどうぞ。

患者様アンケート

ぜひ「いいね」ボタンを押して、ブログの最新記事もチェックしてください。

記事検索

最新の投稿

おすすめの記事

根管治療の基本を知る

基本コンセプト

歯根の先に膿(根尖性歯周炎)を作らない、そして治すための、基本コンセプトって何?

ラバーダム

根管治療のキーポイント!ラバーダム防湿を根の治療中に行う理由

根管治療の気になる疑問

根管治療の回数と期間

根管治療の回数と期間、どんな症例でどのくらいかかる?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療、気になる一回あたりの治療時間は?

根管治療の治療ケースから学ぶ

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

歯の神経を抜く必要が、その歯はあるでしょうか?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?

レントゲンで、歯根の周りに膿がある原因は?パート1(歯内歯周病変について)

ページトップへ