ブログ

[記事公開日]2019/08/28
[最終更新日]2019/09/08

根管治療の治療費について

ももこ歯科のブログを読んでくださる皆様、いつもありがとうございます。

巨人にマジックが点灯しましたね。
マジック点灯直前のベイスターズの調子はあまり良くありませんでした。
しかし、最近徐々にいい感じです🎵
ベイスターズには、是非とも1位通過してほしいです。
先日、勉強会に参加した帰りに、桜木町駅でこんなポスターを見つけました。

大洋ホエールズ時代の浜の守護神です。
この人が出てくるともう安心、といった存在でした😊

ベイスターズが奇跡を起こすことを心より願っております。

さて、本題に入ります。

患者様が特に気になっている根管治療治療費についてお話しします。
以前の私なら、治療費を公にすることは好ましくないと思っていました。
なぜなら、お金のことを優先して考えてしまい、二の足を踏んだり、
適切な治療を避けてしまう患者さんが増えてしまうのではないか、といった懸念があったからです。
しかし、最近の世の中の流れや、患者さんにとってどちらが親切か、と考えると、
治療費は公にしたほうがいいと考えるようになりました。
ただし、このブログに記載する治療費以外にもかかることはありますので、
何卒ご配慮いただけますよう、よろしくお願いします。

基本料金

⭐️初期治療(抜髄)

抜髄のことです。抜髄とは、神経を取る治療です。

前歯  ¥70,000-〜
小臼歯 ¥80,000-〜
大臼歯 ¥90,000-〜

⭐️再治療

一度根管治療をしたことがある歯をまた根管治療する場合。

前歯  ¥80,000-〜
小臼歯 ¥90,000-〜
大臼歯 ¥110,000-〜

⭐️歯内療法外科

前歯  ¥130,000-〜
小臼歯 ¥150,000-〜
大臼歯 ¥160,000-〜

当院で根管治療を行なった患者さんは、上記の治療費の半額になります。

オプション

代表的なもののみ記載します。

隔壁作製 ¥5,000-〜
穿孔修理 ¥30,000-/ヶ所〜
異物除去 ¥20,000-/1つ〜

治療費の決定について

基本料金は必ずかかります。
オプションは必要な場合のみ行う処置で、必要がなければ料金はかかりません。
根管数が多いほど、治療費は高くなります。よって、前歯より奥歯(大臼歯)の方が治療費は高いです。
抜髄よりも再治療の方が高い理由は、やらなければならない手順が増えて、
重症化していることが多いからです。

上記以外にも必要となる治療費はあります。
治療費は、診断してから決定します。
患者さんには、あくまでも下限を知っていただきたいです。

治療費については以上となります。

次回からは、歯をもたせるための豆知識についてお話しします。
お楽しみに。

カテゴリー:治療費, 根管治療

記事検索

ページトップへ