ブログ

[記事公開日]2019/04/02
[最終更新日]2019/04/02

根管治療を失敗させない=成功させる要件〜その4〜

ももこ歯科のブログを読んでくださるみなさま、いつもありがとうございます☺️

今回のブログは、根管治療を失敗させない=成功させる要件〜その4〜
根管治療中における細菌の除去:歯根部分編です。
歯根部分編は、今回を含めて3回に分けてお話しします。
今回(初回)のお話しは、歯根のどこが汚れているか、
次回は、汚れを取るための守るべきルール、
歯根部分編の最終回は、汚れを取ろうとしすぎた結果…
以上となります。

歯根のどこが汚れてる?

根管にいる細菌を除去することが、根管治療の目的となります。
さらにいうと、一番汚れている歯根の先っぽ、
つまり根尖部分をきれいにすることが、
根管治療を失敗させない=成功させる要因の最重要過程です。

根尖部が最も汚れている根拠

Armitageらが発表した1983年の論文*で、根尖部分が一番汚れている、
と報告されていました。
根管が重度に感染している歯と歯髄炎あるいは感染していない根管を持つ歯をそれぞれ20歯ずつ用いて、根管の汚染度を比較しました。