ブログ

[記事公開日]2017/01/16
[最終更新日]2018/11/08

根管治療を行うための、器具の準備について(スタッフ奮闘記)

みなさん、こんにちは。
今回のブログは、根管治療の器具の準備についてです。

当院のスタッフは、文献報告上の成功率を守るために、患者さんの安全のために、器具の準備をしています。

根管治療の器具の準備1

左の写真は、準備が終わったところです。実は、これよりももっと多くの器具を準備しないといけないこともあります。これだけの量を準備し、治療が終わったら片付ける、器具を洗浄後、パッキングして滅菌、元の場所に戻す、というサイクルです。

さて、このサイクルには、いったいどのくらいの時間がかかると思いますか?
1時間〜1時間半プラス治療の時間が1時間〜1時間半程度なので、合計2〜3時間かかります。治療回数は、2〜3回ですから、合計4〜9時間を要します。きちんとした治療を行うためには、どうしても時間とコストがかかります。
内訳は、準備が早くて15分くらい、治療後の片付けはすぐ終わりますが、器具の洗浄やパッキング、滅菌は合計で1時間、滅菌後に元の場所に戻すのは2-3分程度です。

それから、根管治療生活歯髄療法で使う洗浄剤は、フレッシュなものほど効果が増します。よって、当院では作り置きをせず、治療直前に決められた濃度の洗浄剤を作ります。

生活歯髄療法

左の写真は、スタッフが、洗浄剤を作っているところです。
きちんと、計量カップを使って濃度を測っています。

スタッフが、洗浄剤を作っているところ

 気泡を抜いて(左の写真)、

スタッフが、洗浄剤を作っているところ2

 はいできあがり!

ももこ歯科のスタッフは、患者さんのためにとっても努力をしています。患者さんの安全のために、根管治療の成功率のために、毎日一生懸命働いています。この労力は、当院の誇りです。安心して通院してください。

次回は、今までたくさん登場している、歯内療法の基本コンセプトについてです。
お楽しみに。

カテゴリー:器具の衛生管理, スタッフ奮闘記, 根管治療 タグ:

記事検索

ページトップへ