ブログ

[記事公開日]2021/06/15
[最終更新日]2021/06/15

オンライン勉強会

こんにちは、スタッフの越地です。

5月25日、食事指導勉強会にオンラインで参加しました。

「栄養と料理」 6月号について

今回の勉強会は、女子栄養大から出版されている「栄養と料理」という雑誌についてでした。

こちらの雑誌は月刊誌で本屋さんにも並んでいます。6月号は歯科特集として『オーラルフレイル予防』がテーマでした。

この食事指導勉強会に参加されている歯科医院の管理栄養士の方がオーラルフレイル予防として「舌トレおかず」の料理の提案、監修をされています。

また「予防歯科」に力を入れている医院ですので、院長先生とともに雑誌内で特集を担当されていました。

オーラルフレイルとは

オーラルフレイルとは「口の虚弱」という意味で、食欲の低下、滑舌の低下、硬いものが食べにくいといった「ささいなトラブル」から始まります。

これらが積み重なることで老化を早めてしまう危険があります。

このささいなトラブルに早く気づき、適切な処置、トレーニングをすることで健康な状態に戻そう!ということでお口の筋肉を動かし『舌のトレーニング』ができる料理が雑誌内で紹介されています。

食べることは歯を使うだけではありません。

唇、頬、舌、顎まわりの筋肉を使うことで、オーラルフレイル予防になります。

実際に作って食べてみました!

●写真左:カツオのナッツ仕立て

●写真右上:鶏手羽元のスパイシー焼き

●写真右下:れんこんサンドハンバーグ

カツオのナッツ仕立ては、炙り鰹の上にミックスナッツがかかっていて噛みごたえがあります。下に敷いてあるシャキシャキ野菜も相まってよく噛んで食べることができます。

また、れんこんサンドハンバーグも、一口サイズではなく、噛み切って食べる大きさにすることがポイントです。れんこんがプラスされることで、お口の中でもよく噛むことが必要になります。

鶏手羽元のスパイシー焼きは骨付きにすることで、前歯や舌でかじり、口周りの筋肉がしっかりと使えます。

他にも簡単に作れる料理がたくさん紹介されています。

日頃の食事を少し意識して、お口の健康を取り戻しましょう。当院の待合室にもこちらの雑誌が置いてありますのでぜひお手に取ってご覧ください!

カテゴリー:スタッフ奮闘記

記事検索

ページトップへ