根管治療の流れ

根管治療の流れ

1.初診時

問診

問診

現況を詳しく知るために、問診票の記入をしていただきます。

診査

診査

受診するきっかけとなった歯の現在の状況を判断するために、診査を行います。

レントゲン撮影

一方向だけで撮影したレントゲンでは、得られる情報の客観性に乏しいため、二方向から撮影します。

レントゲン撮影

治療の説明

治療の説明

問診・診査・レントゲンから得られた情報をもとに診断した結果、どんな治療が必要か、その治療に関するリスク等々を説明します。

2.治療開始

治療開始

・1回1時間~1時間半
・抜髄ケース
(虫歯が大きく、根の中を触られていない場合):
2-3回
・再治療ケース
(根の先に病気がある、根の治療を一度してある場合)
:3-4回

3.治療後

最初の1年は、3か月ごとの経過観察を行い、1年を過ぎたら1年ごとの経過観察をします。

治療後

院長ブログ『ももこのささやき』

久原院長による根管治療が基本からわかる名物コラムです。

ページトップへ