ブログ

[記事公開日]2021/12/06
[最終更新日]2021/12/06

食事指導勉強会

こんにちは、スタッフの越地です。

12月に入り寒さも増してきました。

11月30日に食事指導勉強会に参加しました。

勉強会は1年以上オンライン開催でしたが、先日ついにオンライン&ホールでの開催となり、とても久しぶりに皆さんとお会いすることができました。

今回の勉強会の内容は以下の2つでした。

①「お砂糖3本分」と指導してきたが、そのお砂糖として使用してきた8gのスティックシュガーが製造中止となり、今後どうするか

②食事指導のアンケートや問診では拾うことができない患者さんの生活背景についての事例

①に関しては、当院でも行う「食事指導」において間食に適する砂糖の量を8gのスティックシュガー3本分と説明をしていました。

(3本分という根拠は、以前ブログでも書いた、WHOの提言する砂糖の摂取量からきています。)

しかし、最近はスティックシュガーも1gや3gの商品が多いように感じますし、そもそも何かに例えて説明しなくてもいいのではないか、など様々な意見が出て、非常に参考になりました。

結論としては、これまで通り8gのスティックシュガー3本分でも良いですし、患者さん(大人や子ども)によって伝え方を変えたり、医院独自で分かりやすい媒体を使用したりと、それぞれの医院で工夫していきましょうとなりました。

ももこ歯科としても、これからより患者さんに分かりやすく伝える為には、どのような方法が良いのか、院内で話し合って決めていきたいと思います。

今年も残り1ヶ月を切りました。2021年も終わりますが、皆さんはどんな1年を過ごされたのでしょうか。

来年こそ、日本に限らず海外でもコロナウイルスが収束し、安心して過ごせる日常になることを祈るばかりです。

カテゴリー:スタッフ奮闘記

記事検索

ページトップへ